PCOSタイトル PCOSロゴ

<NEWS & TOPICS>
☆2018.4.9
 2019年PCOSシンポジウムの開催に関して掲示しました。
☆2016.4.11
 プロシーディングのホームページへの掲載について


<PCOS2019開催のご案内>

  相変化研究会シンポジウムは、前身である相変化記録研究会シンポジウムの第一回開催(1990年、岩手県・盛岡)をスタートに昨年で記念すべき30回目を 成功裏に終え、本年で31回目を迎えることになりました。本シンポジウムは、相変化技術に関する結晶化機構、記録材料、構造、装置、および応用などについ ての議論の機会を提供いたします。また最近では、熱物性や熱電変換材料といったトピックの発表も増えてきております。相変化技術の基礎から応用までを直接 討議する場として第31回シンポジウムを以下の要領で開催致します。
口頭発表やポスター発表で活発な討論を行い、有意義な情報交換の場となるよう本シンポジウムを盛り上げていきたいと思います。

 

1) 主催: 相変化研究会   協賛:日本セラミックス協会(予定)、日本熱物性学会

2) 開催日程:2019 11月 28() - 29()

3) 会場&宿泊 :KKRホテル熱海

                         〒413-0005 静岡県熱海市春日町7−39

                          URL : https://www.kkr-atami.gr.jp/

                          TEL : 0557-85-2000

4) シンポジウム内容、プログラム等の概略 :

 (1) テーマ   : 相変化材料の基礎理論、基礎物性、構 造解析、ナノオプティクス、

           デバイス応用、熱物性、熱電変換など

 (2) プログラム概略(仮)

                                            11月 28日(木)   12:00〜       受付

                                                             13:00〜16:20  講演

                                                             16:20〜17:50  ポスター

                                                             19:00〜       懇親会(夕食)

                                             11月 29日(金)  8:30〜16:00     講演


※ 論文賞を設け、表彰を行っておりますので、 奮ってご応募下さい。

  論文原稿および当日の発表を元に、厳正なる審査を行います。


アブ ストラクトのテンプレートはこちら(Template for abstract)
プ ロシーディングスのテンプレートはこちら(Template for proceeding)

       (アブストラクト、プロシーディングの著作権は著者に帰属します。)

Copyright (C) 1990-2019 PCOS, All rights reserved.
このページに掲載されている学術情報・写真・図表などの無断転載を禁じます。